Posts

Showing posts from June, 2006

Somewhere Over the Rainbow

一昨日、何ヶ月ぶりかにエアロバイクに60分費やした。
これは大き目のサドルだけど、後半はお尻が痛くなってきた。
(ポジションが悪かったか?)
しまいには負荷を軽くして、ペダルを踏んでいるじゃなくて
ただ回している感じで意味がない。
足は残っていたが、足の甲で変なところが痛む。

プールに行くと、1コース「マスターズ練習会」で
マスターズのメンバーが国分太一の表情をする
眉毛のある可愛いコーチのメニューこなしていた。
私は、もともとスイミング・スクール上がりのスイマーじゃないので
どうも、みんなで泳ぐのが苦手だ。
ロッカールームで、「最近、練習会来ませんねーっ」と言われて
「今、スイムは捨てているので・・・」と答えた。
今年の 日米親善トライアスロン大会 が、
会場の相模原補給廠、米軍再編に伴い「一部返還」、50mプール閉鎖で
近くの小学校の25mプール使用で、スイム距離が175mになった。
これが最後の開催なら、バイクとラン重視の練習になる。

それで、もう大会まで1ヶ月切っている。
片付けなきゃいけない仕事と練習の割合がどれだけになるか?
考えると気が重くなるので、嫌な事から片付ける方向で行こう・・・。
[Read More!]

foul play

サッカー、ワールドカップは決勝トーナメントに突入。
放送時間が遅い時間なので、
4年前は地元開催でよかったなぁ・・・になる。

スポーツクラブの6/20締め切りで
ワールドカップ優勝国と日本の結果当てを投票した。
日本の予選トーナメント敗退は当たった。
優勝国は2つ選べたが、ドイツだけにしてしまった。
(投票用紙をよく読んでなかった!)

昨日は朝から出かけ、帰りに飲み、あまりにも眠くて
若林 豪:L・フィーゴ選手の ポルトガル と
J・クライフ:M・ファン・バステン監督の オランダ 戦を見損なった。

今夜は、リベンジ・ヒディング:イタリア と
サッカー+カンガルー=サッカールーズ:オーストラリア 戦。
この試合も、かなり反則出るかな?

fat burner

増えた体重を減らすために、火曜日から バイク or ラン をする事にした。
スイムは、ほとんどほぐしとアイシング。

体重が重い割には、走れるので以外だった。
(BMIは、標準範囲を超えているかもしれない)
汗も出る、出るで、まだ代謝があるのか?

邪道だが、最終手段は「ファット・バーナー」系のサプリメント頼み?!

「ど・かーん!」じゃ、ありません。(念のため)

坂内食堂

Image
日曜日、朝7時半に出発で、知人達と6人で
喜多方ラーメンを食べに行くことになった。

行く車中、ギネスビールとあじの干物が朝食がわり。
(とてもスポーツクラブに行っている食生活でありません。)
こんな事は、今週限りと思い、
携帯電話のスケジュールに
まだエントリーしてない
最後の日米親善トライアスロンの締切日をメモする。


途中長くなるので省きますが
(ほとんどワールドカップ2006を観ているので、眠い!)
12時過ぎに喜多方市内に入ると、かなり観光バスで
ラーメンを食べに来ている人達が多いのがわかった。
目指す坂内食堂は、喜多方市役所の近くなので
市役所の駐車場に入り、車を停めた。
どうもラーメン屋さんの駐車場になっているらしく、かなり他県ナンバーがいる。
向かいには老麺会の暖簾が見える。
そばにある公園の公衆トイレの横を通って行くと
大きな看板が見え、人が何人か並んでいる。

ねぎラーメン(¥750)を注文した。
うーん、喜多方ラーメンはうまいと思わなかった。
わざわざ朝早く起きて出掛けるなら、
本丸亭の「本丸塩らー麺」の方がいい、と思った。
基本的にとんこつが好きじゃないかもしれないけど
体調がいい時に食べないとダメだと思う。

[Read More!]

China - town (4)

このお店、インターネットでは有名な店だそうで
赤シャツSさんが、3階に厨房があること、2階には座敷があることを教えてくれた。
その上、トイレは来た途中の「山下町公共駐車場」に行く。
料理を待っている間に、店の奥にあった
伊集院静と宮沢りえが表紙の光文社の男性雑誌 BRIO(ブリオ)と
お店の事をプリントアウトしたのをファイルした「ファイルポケット」を
(お客さんが持って来た物と思われる。)
ねこみちさんが取ってくれた。
このBRIO(2005年7月号)は、横浜の特集で
雑誌に載っているおじいさんは、どう見てもオーナーって貫禄。
お店を紹介しているのは、
なんとNHK『男の食彩』のキャスターをした勝見洋一氏である。
まず、2品を持って来てくれた。それぞれ鶏肉の料理だ。
3品目は長さ8cm位の春巻きが皿一面に乗っている。
小さいけど、なんか得した気分になる個数だ。
塩がかかっていて、カラッと揚がっているのでおいしい。
おじいさんが、また厨房へ行った後に、太った男の人と女の人がやって来た。
壁にあるインターフォンで、肉まんを頼んでいる。
おじいさんが降りてきて、奥の小さな冷蔵庫から肉まんを出していると
女の人が、シュウマイも頼んできた。
お持ち帰りのお客さんもいるのだ。
4品目は、豆腐とえび、野菜はレタスを炒めたものでスープでとじている。
そこで、「5分くらいで戻る」と言って、自転車で買出しに行ってしまう。
目が点。料理は油っこくないので食べやすい。
(欲をいえば取るのにスプーンが欲しかった。)
そこに、夫婦と子供二人の家族連れがやって来た。
赤シャツSさんが、「5分くらいで戻ると言ってました。」と言うと
家族連れは、お店の前でぶらぶらしている。
小学生の子供は、興味深々に食べているのを見ている。
そこで、ねこみちさん達が入り口側に座った理由がわかった。
階段から降りて来て、料理がすぐに出せるようにだ。
すると、自転車が止まった。おじいさんは身軽に自転車から降りる。
奥さんがシュウマイとチマキを頼んでいた。

料理は6品出て来たのですが、どーも、1品が思い出せない。
(チャーハンだったのかな?)
最後の青菜と牛肉の炒め物は絶品だった。
おじいさんは、テーブルの奥に座るとこの料理の解説してくれた。
「漢方は使ってないけど、身体に効く料理」と。
何回かお店に来ている、ねこみちさんと赤シャツSさんが
「お店の前にいたホームレスの人はどうしたのですか?」と…

China - town (3)

関帝廊通りから地久門を抜けて、福建路を歩いてすぐ角を左に折れ
西門通りを西門に向かう。
山下町公共駐車場が左にあるブロックを右に曲がる。
この歩道に「手書きの案内板」が置いてあり
(前にこの辺を歩いた時に見覚えがある。)
みなと総合高校の向かいである。
道路に面した入り口は開いたままだった。
奥行きは、間口の1.5倍位あって、そこにテーブルが三つ並んで置いてある。
元オーナーの現オーナー・シェフのおじいさんが奥に座っていた。
ねこみちさんが「いいですか?」と聞くと
おじいさんは「9時から予約が入っている」と言う。
まだ、3時間以上もある。

一人予算と「口内炎、飲み疲れ」症状を言って、料理をお任せにする。
右奥にある、畳1帖くらいのシンクがある所から
濃い烏龍茶を湯のみに入れて出してくれて
瓶ビールを1本頼むと、小さい冷蔵庫から出して、コップをくれると
噂に聞いていたが、おじいさんは屋台にある蒸篭のコンロの火を止め、
店を出て、ビル横の階段を3階にある厨房へ上がって行った。

何で、3階が厨房なんだ?
これが、謎の 天龍菜館 という廣東家郷料理店なのだ。
[Read More!]

China - town (2)

お茶を入れ替えて、3人分のお茶を淹れるねこみちさん。
お茶請けプレートのドライフルーツがいける。
仕事を片付けて来た赤シャツのSさんには、甘い物がちょうど合う。
思えば、3人とも去年の夏に会った以来ですか・・・。
このお二人は韓国ドラマ、映画が大好きで
私が2年前位に韓国に行った時に、
韓国民族村でイ・ヨンエのロケ現場を見た。」と言って
なりふりを説明すると、「チャングムの誓い」では
どうも珍しいシーンの撮影だったみたいで、写真を撮っておけばよかった。
年代別の韓国の村のスタイルが別々に展示されていて
面白かったのは「北朝鮮の犬」と「韓国の犬」がいた。
今、韓国民族村は「チャングムの誓い」のテーマパークになっていると
赤シャツのSさんが教えてくれました。

お茶請けプレートが無くなって、そろそろ切り上げることにした。
赤シャツのSさんが来た時に悟空茶荘のある路地の角の店が、
変わっているという話になり、店を出て確かめることに。

お二人によると、角は普通の喫茶店だったそうで、
ちょうどオープンしたばかりの店構えで、ラーメン屋になっている。
ケロロ軍曹に出てくるキャラクターで、
宇宙探偵「556」(コゴロー)みたいな奴が(よーは、暑苦しい勘違いヤロー)
中澤佑二選手が日本代表に選抜された時のインタビューでしてたような
サングラスにヘッドホンで音楽を聴きながら
「中華街初の1本麺ラーメン!実演は終わりました。」と声を掛けてくる。
関帝廊(かんていみょう)の斜め前で、かなり目立つ。
(屋号は、川西なんとかだったと思う、しかし、行列になったら麺が追いつくのかな?)
もともとあった喫茶店(珈琲ろまん)は、左側に移っていた。
[Read More!]

China - town (1)

謎の廣東家郷料理:天龍菜館@中華街に行って来ました。

その前に関帝廊(風水では、かなりのパワースポット、悪縁/悪運切りらしい)で
ねこみちさんと午後3時に待ち合わせして、
近くにある悟空茶荘へ行くが、満席で少し待たされた。
係りが来て、「後から1人来るので3人で」と言った。
茶器貸出・お湯・席料/お一人様¥590と、お茶請けプレート(おやつセット皿)で
ねこみちさん持参の青茶:台湾高山茶、東方美人(烏龍茶)をいただきました。
ねこみちさんは中国茶の淹れ方で、淹れてくれて
しかも少ない茶葉で何回も飲めるのは以外だった。
(お湯切りが大事なんだろう・・・無駄が無い)
お茶を手間隙かけて飲むので、中国の悠久な歴史の流れを感じる。
長崎は五島出身のねこみちさんに、
5月28日のアイアンマン・ジャパンに出たAlさんに頼んだ
(株)ますだ製麺の「手延べ五島うどん 地獄だき」をおすそ分けしたら
逆に、地元の人が食べるという三宅製麺工場の「手延五島うどん」をもらった。
お茶を飲みながら、世間話から始まっていろいろと話をした。
ねこみちさんはバラに詳しいので、バラの話は非常に参考になった。
ガーデニングは、やっぱりいろいろと大変なのだ。

1時間ぐらいして、ビビット赤シャツのSさんが合流。
混んでいて席を追加してもらう、スペースが無いので
2人テーブルに壁席に赤シャツのSさんと2人並んで座り、
茶器貸出を1つ追加する。
[Read More!]

フルマラソン参加か?

一昨日、横浜スタジアム内の売店で買った生ビールを飲み。
(バイトが売りに来るのは、缶ビール)
空いたコップに、持参した紙パック白ワインを注いで
飲みながら試合を観ていた。
三塁側の指定席は、外野よりで
去年よりセンターのSHINJO選手がよく見えました。
しかし、観客が大入りなのは確かなのですが
ほとんど横浜ファンが回りにいる状況で
SHINJO選手が守備から戻る時など、名前を呼んでます。
これは「引退」宣言の効果なんでしょう。
試合は前日、延長戦疲れの北海道日本ハムの大負けでした。

昨日のクラブイベントのマスターズは
午前中仕事で、午後から行くことになり
100m個人メドレーは棄権しました。
(未だに買って下ろしてない水着が、また着れなかった)
200mフリーは、エントリータイムをなんとかクリア。

マスターズ100歳登録をしているM氏が参加していて
競技合間に「東京マラソン2007」の案内を見せてもらった。
都庁からビッグサイトへ行くコースで、
フルマラソンと10km、車椅子の種別で
フルマラソンは制限時間7時間である。(これなら大丈夫か?)
しかし、エントリー代が10,000円は、デカイ。

走るにしたって、今からやらないとなぁ・・・

横浜開港記念日

Image
6月2日は、横浜開港記念日。

横浜スタジアムで、横浜開港記念日特別ゲーム
横浜ベイスターズ 対 北海道日本ハムファイターズの試合のチケットを
内野指定席一律、2,000円でゲットしたので観に行きます。

土曜日のマスターズは、なんとか行く予定。

最近、大会前こんなんばっかし。
[Read More!]