Posts

Showing posts from November, 2008

続・後考

水曜日、「劉備くん'08冬 それゆけ赤壁オリンピック」をやっと読んだ。
何故こうなったかというと、セブンアンドワイ で11月4日に予約して、
近所のセブンイレブン上にある塾に行っている、甥に取りに行かせる段取りだった。
本が11月22日発売で、取りに行った甥によるとまだ届いておらず、
後で見たメールの配送状況によると
11月23日梱包、近所のセブンイレブンに引取りが11月26日とある。
11月23日梱包で、さっさと配達に出せばいい物を、
店に届くのに 何で3日もかかるんだぁ?(怒)

前にもCD(新譜)を別の会社のインターネット予約で頼んだのに
すぐ来ない事があって、予約して買うのは何か問題があるのだろうか?
Amazon も、新刊を予約しても直ぐには来なかったけ、、、)
今度からは、本屋に取り置きしてもらおう。

雨が降った後、、、

日曜日、午後から飼い犬を洗った。
夕方の散歩に、iPod + Nike のヘッドホーン無しで行ってみた。
データを見ると1時間10分、3.1km 歩いていた。
月曜日、雨の中を散歩に行った。
火曜日、寄って来た飼い犬がくしゃみをした。
雨に濡れたので風邪をひいたみたいだ。

また、洗った後の飼い犬の写真を撮るのを忘れた。

Simple is the best.

Image
月曜日、横浜に出掛けたので、12時前に“麺や 維新”に行った。
写真左上の店の案内が歩道に出ていた。
(ホントにわかりにくい所にある店なのだ。)
給料日前と3連休のせいか、店は空いていたが、
「限定らぁめん」は既に売り切れだった。
「柚子塩らぁめん」(800円)を注文。
座った席の壁に佐野 実大先生のポスターが貼ってあった。
戸塚駅前に「支那そばや」を11月1日オープンした模様。
なんか、演歌歌手のポスターみたいだ。
(写真右上は窓ガラスに貼ってあったもの。)
頼んだらぁめんの写真がうまく撮れなかったのでパス。
控えめな柚子に後から塩が来る感じ。
下の写真は、メニュー表紙にあった英文です。

このお店の店主は、佐野 実の弟子なんだろうか?
read more!

shamping

Image
パソコンの中身を整理していたら、
2歳になる前の飼い犬の写真が出て来た。
これを見たら、洗ってやらなければと思った。

連休は洗うものが沢山ある。

2008/11/22

金曜日の練習は、コレ
今週は、週5回も練習したから、
土曜日はボジョレー・ヌーボーでも買って、サボりたい所だけど、
連休は、夕方の飼い犬の散歩に行くので、スポーツクラブには行かない。
ので、練習に行くことに、、、?!

それよりも、「劉備くん'08冬 それゆけ赤壁オリンピック」の発売日だっ!!

後考

水曜日、約2000m泳いだ後、トレッドミル(勾配 2%)30分走った。
いつもの逆なんで、お風呂に入って汗流して出ても、汗が引かない。
家に着いて、暖かい鍋物を食べたら復活してしまった。
(疲れているはずなのに、疲れていない?)

何気にテレビを観ていたら、NHK が「スクールファッション」の内容だった。
JK が何の略語かと思ったら、(この場合、常考、ジョン・カビラじゃない。)
女子高生(Joshi Koukousei or Joshi Kousei)の頭文字の略語だった。
その、JKファッションが、アメリカ、韓国とかに影響を与えているらしい。

時々、フリーで泳ぎに来る女子高生が、このJKファッションだ。
(これがホントにカワイイ。)
夏にホストクラブ・コーチが、TR終了後に女子高生に何か聞いていた。
「女子高生が夏休みに何しているのか、興味があるじゃないですか。」と言い訳。
「バイトです。」と女子高生。
「そー言う自分は何をしていたんだ?」と、コーチに聞くと
「将棋(囲碁?)クラブだったんで、うんたら。」

今思えば、その時すでにオヤジだったんだな。

嫌われ者

金曜日、スポーツクラブをチェックアウトして外のベンチに座った。
先に一人、某公立高校の英語の先生が座っていた。

トラは後から来た乳モミ法師さんとエゴグラムの話になった。
その間、他の人達も出て来て座って、その先生を除いて世間話をしている。
最後で出て来た御大Mさんが、トラと先生の間に座った。
黙っている先生を除いて、しばらくみんなで話をしていた。
そして他の人達が切り上げて帰る時に、その先生が御大Mさんに
「車の鍵をしたまま、ロックして帰れない。」うんたらを言った。
「えっ?」と思った。
何年か前にも同じ事があって、
帰るのに信号待ちした御大Mさんの車に勝手に乗り込み、
自分の家まで車のスペア・キーを取りに行かせたのだ。
しかも、素直に行けばいい道をかなり遠回りして行ったらしい。
その後にお礼も何も無く、かなり常識が無い人間なのがわかった。

御大Mさんは相手にせず、車に乗って車を出してトラの側に来て、
「まただよ。」と呆れて言った。
「じゃ、Mさんが出て来るの待ってたんですね。」と言ってしまった。
馬鹿じゃあるまいし、教育者が何を考えているんだ。
その後、その先生がどうなったか知らない。

スポーツクラブのすぐ近くには JAF があるんですけどね。

有料更衣室

横浜マラソンの後で、山下公園を出る時にもらったチラシ。
この サイト そのまま1枚の印刷物。
「こんな商売が出て来たのか~っ」と思った。
右下にある、ロゴのシャツを着た人が走っていたけれど
サイトにアクセスしたら、予約制加圧式トレーニングのジムだった。

まぁ、世の中は ランニング・ブーム なのだ。
コレって、合同コンパをやるような感覚ですか?

1351 of 1800

Image
先週土曜日に、修理に出したヘッドホーンが
断線が原因のため「新品交換」で火曜日に届いた。

水曜日、U.S.A から限定ラン・シューが届いた。
かかと部分にシリアルナンバー(1351 of 1800)が入っていた。



コレ(Ali'i)を履くには、練習しないといけないよ。

Yokohama Marathon 2008(3)

Image
フィニッシュして、山下埠頭から再び山下公園に戻る途中で、
計測チップを外して、参加賞のTシャツを貰った。
足の裏は痛かったが、脚のダメージはそんなになかった。
山下公園に入って、預けたバッグを引き取り、着替えた。
終わった後、食事に行く予定だった うまやの食卓
電話をして空きを確認したが、今年も貸切だった。
後から来る予定だった、ノブ&クニさんにお詫びのメールを入れた。


朝集まった場所に戻ると、たろさんが腕時計の
タイムの写真をブログネタに撮っていた。
他のみんなも着替えて戻って来た。
Iさんがバナナを持っていたので聞くと、
アディダス・ランニング共和国なるブースがあって、
共和国ランナー登録してバナナを貰ったそうなので行ってみた。
(写真の白いフードジャケットがたろさん。)
携帯からアクセスして登録する形になっていたが、
トラの携帯はQRコードリーダーが無く、直接URL入力してアクセスしたものの
空メール送信して、その返信メールを受取るには、
メール受信指定をしているのでドメイン登録をしなければならず、
共和国ランナー登録は止めた。
(そもそもアディダスは好きじゃないのだ。)

他にどこに行くか考えていなかったので、
I.Yさんお勧めの中華街「獅門酒楼」に行って食事した。
食べたメニューの名前はよく覚えていないが、イメージはある。
豚バラ肉の煮込みを蒸しパンに挟んで食べている時に
長崎から単身赴任中のIさんが、「長崎ではコンビニで肉まんを買うと、
必ず醤油ダレとからしが付いて来る。」と言うのだった。
(県民カミングアウト・ショー?!)
これには納豆じゃあるまいしと思ってしまった。
このお店は、実に良かった。12月からは牡蠣を使ったメニューがあるとかで、
うーん、食べてみたいのであった。(コレは忘年会でも企画するかな?)

タイムは、もう少し頑張れば1時間切れたので残念。
結局、練習に2ヶ月スパンの所を2週間でやるのが間違いなんだけれど、、、(了)
read more!

Yokohama Marathon 2008(2)

横浜税関がある山下埠頭からハーフのスタートの花火が上がった。
前は白だけだったのに、赤とか黄色で派手だった。
まだ、スタート前まで時間があって、後に並ぶ人が多くなった。
ハーフのランナーの最後尾がスタートラインを過ぎてから、
10kmランナーが、両車線通行止めしている山下公園通りに入れる。
今度は大会副会長のあいさつが始まったけれど、誰も真面目に聞いてはいなかった。
山下公園通りの銀杏並木は、青い葉がまだあって、銀杏を踏んだニオイがした。
天気は曇っていたけど、風が無かったのであまり寒くなかった。
ここで並んでいて思ったのは、以前から走っているランナーと、
最近のラン・ブームのランナーの二極化している様相。(ハーフは去年から日本陸上競技連盟公認コースになった。)

スタートの合図が鳴った、腕時計の計測スタートボタンを押した。
すぐ、Y.Yさん、I.Yさんとはぐれてしまった。
焦っても仕方ないので、無理せず走る事にした。
最初の関門3km地点の10時57分は、4分早く通過するけれど
この辺りから足の裏が痛くなって来た。
厚手のソックスにすれば良かったのに、薄手のソックスを履いていたのだ。
後悔してもしょーが無いんで、とりあえず走る。
すると、10kmのトップと後続の集団がすれ違って来た。
元トライアスリートの 白戸太郎 が分かった。(作りがデカイので目立つ!)
ハーフのコース分岐点先で毎年カメラマンのAlさんの背中が見えたので声をかける。
振り向いたら、後の人が走りながら頭を除けていた。(どうもすいませーん。)
次の関門5km地点は11時10分で、スタートから31分過ぎ、
これはもう1時間は切れそうも無かった。
シンボルタワー手前で折り返して、後続にD.Mさんを探したけれどいなかった。
再び分離帯に立っているAlさんに声をかけた。

突然、足に負担をかけない走りを思い出す。
(みぞおちで足が振り子のように前後に振れているイメージ。)
少しは楽になって来た。
今度はハーフのトップが見え、車の時計は57分台だった。
(残り3.5km地点手前くらいか?)
ここから、道路半分ハーフのランナーと並走する形になるけれど、
スライドの差が違いすぎる、ハーフはやっぱり速い。
残り2kmで給水のため立ち止まって、再び走り出す。
すぐ隣りに知的障害者の人がいて、先を行く伴走者が急かすので、
こっちも急かされている気分になって来た。
山下橋を登って下って、勢い…

Yokohama Marathon 2008(1)

朝6時に目覚ましセットしていたのに、起きたのが7時半。
焦って仕度をして家を出たが、歩道橋を渡ってから忘れたスイカを取りに戻った。
途中のコンビニで朝食を買い物して駅に行く。
駅のホームでベンチに座って荷物をまとめていると、
横に座った旅行に行く感じの50代位の女の人が、メイクアップ中。
コレには引いた。(年齢関係なく、みな同じです。)
ベンチを離れてホーム先頭に行くと、横浜マラソンの要綱を見ている人がいた。
「横浜駅」でみなとみらい線を締まりかけのドアを無理やり開けて乗った。
横浜マラソンに行く人らしきがゾロゾロ乗っていた。
9時過ぎに終点の「元町・中華街駅」で降りる。
改札出て、改装工事中マリンタワー横を通って行くと山下公園が見えた。
山下公園に入って、受付のテントの位置がいつもと違っていた。
去年は走らなかったのでよくわからないが、テントの数が多かった。
ゼッケン・ナンバーを引き換えて、いつもの待ち合わせ場所に行くが、
スポーツクラブのメンバーが見当たらない。
仕方なく、適当な場所に荷物を置いて
計測チップをシューズに付けていると、たろさんから電話があり、
場所を確認してみると、意外にもすぐ近くだった。

Y.Yさん、I.Yさん、たろさん、I.Yさんの会社の人で Iさんがいた。
80歳台ランナーD.Mさんがいると思ったがいなかった。
みんな走れる状態でジャケットを着ていた。
ハーフに出るたろさん、Iさんが10時20分スタートなので先にスタートに行った。
家から走れるカッコに服を着て来たので、服を脱いでバッグに入れる。
15分後にスタートする10kmだけど、早目にいい位置を取りたいので
荷物を受付のテントに預けて、Y.Yさん、I.Yさんの3人で
スタート待機場所の大桟橋側に向かった。
ニューグランド前から県民ホールのスタート近くに来ると
大会会長である、ツンツンと髪の毛を立てたヘアースタイルの
中田 宏横浜市長が大会あいさつをコメント中だった。
ハマスポどっとコムの写真速報に写真があります。)
ホンモノを間近に見たのはこれが初めてで、
スタート台に立っていたから、二階のベランダにいる感じだった。

大桟橋側の公衆トイレの前には、もう並んでいる人達がいた。
後で大会プログラムを見て、ゼッケン番号から人数を計算したら
約9700人がエントリーしていた。
そのうち、約4000人超がハーフ(21.0915km)にエントリー。
プログラムの中…

Tokyo Marathon 2009 on 22nd of March

8月にNHKの朝の連続テレビ小説「瞳」に収録された、
3年に一度の「佃島の大祭」を見る為にMさん宅にお世話になった。
その後で、Mさんの友人で水墨画家のS.J さんと帰りに乗った地下鉄に
東京マラソンの吊り広告があった。
S.J さんは、一見、笑顔が絶えない小柄なおじさんなんだけれど、
実はランナーでもある。
この日も朝走ってから、佃島に絵を描きに来ていたのだった。
二人でこの吊り広告を見上げて、「出ますか?」とS.J さんが言った。
今年2月に「銀座で東京マラソンのランナーを見ている。」と、
Mさんからメールが来た事を話した。
10kmのゴールは「日比谷公園」だけど、
Mさん宅近くの「佃大橋」を渡るにはフルマラソンだ。
とりあえず、申し込んで抽選結果待ちをする事で、
乗り換えの為、有楽町駅でS.J さんと別れた。

11月7日から抽選結果通知が始まった。
しかし、メールが来ない。サイトからも確認したが、出来なかった。
夜中に寝ぼけていて酔払っていて、申し込み操作間違えたのか?
すっかり、申し込んだ気でいたのに・・・

単なる扁平足?

昼間事務所抜けて、ホノルル鍼灸接骨院(略してホノルル)に行った。
昨日走った後にプールで入れ違いに会ったノブさんが、その M院長先生。
独立する前は、巣鴨で有名な「とげぬき地蔵」の名前を使った所でやっていて、
今度はオアフ島の「ホノルル」なので、「ホノルルに行く」と言って出かけることになる。
行ったら、先客の人が一人いた。
ヘ○△ト■ン社のローラーベッドに横になって、身体をほぐして待つ事20分。
昨日、M院長先生に「足の裏が痛い。」と言っていたので
日曜日走る横浜マラソンに備えて背中、脚、足を重点的にやってもらう。
うつ伏せに寝て、背中から腰に来て「腰が硬いな。」と言われる。
(先週800m 泳いだせいか?)
東京マラソンの抽選通知が始まった話をしたら、
「ウチの弟が走るんだよ。」と言うので、
「弟さん、申し込んだんだ?」
「いや、会社のスポンサー枠で走るらしいよ。」
(そういえば、弟さんは協賛スポンサーの社員と聞いていた。)
「もし出たいなら、聞いてあげるから。」
(今年、日本テレビのアナウンサーが大勢走っていた訳がわかった。)

それで、問題の足の裏に行くと、思わず叫んでしまう痛さ。
足のアーチを揉んで来るのだった。
(以前ブームになった、足裏マッサージはこの事か?)
うつ伏せなので逃げようがない。
低周波治療中の先客の人がいるのも関係なく、うめいていた。
「これがウワサに聞いた、足裏マッサージ?!」
「トラちゃんは、まだ良い方。SさんやAlさんはもっとヒドイから。」
「えっ?!」
この痛さから想像するには、かなりの痛さになる。
「コレは、足裏を鍛えなくちゃいけないね。」と言うと、
「走れば良いんだよ。」と言われ、レース前の一夜漬け走りじゃダメだ。
(それよりも、まず体重を3kg 落とす方が先かもしれない。)

お陰様で、明日は時間制限内で戻って来れそうです。
(二度とやりたくない足裏マッサージでもある。)
read more!

足の裏が痛い

このブログのテンプレートを変更した。
Google の ブラウザー:Chrome(クローム)のデザイン。
WardPress の テンプレート だと、
ヘッダー部分にある、サイト内検索のバーの横にRSSアイコンだけではなく、
お気に入りアイコンのスターのイメージが付いている。
このテンプレートに変更してからタブの部分に気になるところがあって、
ずーっと考えていたら、ほんの小さな事が原因だった。
(はぁーっ、こんな事でめげていたらテンプレートはイジレナイ。)

ブラウザーのクロームは使った事がないので、何もいえない。
アップルのサファリは、iTunes と一緒にダウンロードしてしまって、数回使っただけだ。
(確かに速いけれど・・・)

木、金曜日と二日続けて走り、足の裏(土踏まず)が痛くなって来た。
今日はホノルルへ行こう。

I looked for the written guarantee in the middle of the night.

火曜日、トレッドミルで走った時に
AUDIO BONE AQUA(防水・骨伝導ヘッドホーン)が片耳なのがわかった。
(右しか音が聞こえない。)
持ち運び方法か、iPod nano 2nd から
ジャックを抜くのを忘れていたのが悪かったのか、
購入して1年経っていないので修理に出したいけれど、
はて?保証書は何処にしまったかだ。
まだ夏物の衣類も片付けていなくて、
マフラーとかを出したいので、これから探すのであった。

coupon code

アメリカのトライアスロンショップから
先月数回のメールのやり取り後、注文したランニング・シューズが
35%OFFで買えるメールが届いた。
(これは、勘弁してくれよ~っ。同じもんは買えない!)
アイアンマンハワイのフィニッシュの通り(Ali'i Drive)の
名前が付いている恐れ多いランシューなんだが、
どうも本国では売れてないみたいだ。
(ホントに景気悪いいんだなぁ・・・アメリカ。)

今夜、アメリカの大統領は誰になるんだろうか?

It was worth swimming.

何年ぶりかに日本マスターズ水泳長距離大会で800m泳いだ。
窓際の1コースで午前中は窓側へ呼吸をすると眩しかった。
2年前は400m個人メドレーを泳いで制限タイムオーバーで
同じコースから上がって、威張ったオヤジ役員に「失格」を告げられた。
今回は思ったよりいい感じで泳げたので良かった。

来週は、横浜マラソンだっ!