Posts

Showing posts from March, 2019

Next thing looks better than the last thing.

Image
用があって、電車通勤した晴れた水曜日。

横浜駅西口のロータリー側の建設中駅ビルが、
駅名表示部分だけ養生ネットを外していた。
下のアルファベットは、新しい駅ビルの呼称なのか?

その写真を撮った、後ろのビルには、
“ Think yourself !! ” の手書き文字看板。
名前サインから、書いたのは有名な某アーティストらしい。


事務所まで東横フラワー緑道を歩いて行く。
『横浜桜』が満開だった。

昨日、一昨日と気温下がって、花見には寒い日々。
体調管理気を付けて下さい。

Flowers will bloom

Image
日曜日は天気予報が外れた形で、いい天気だった。
朝から私用で出かけていた。
夕方の用まで時間が空いたので家に戻らず、
某ファミリーレストランで不本意なランチをして、
横浜駅界隈をぶらついていた。
家の方から流れている二級河川の支流で、 昔は運河だった横浜駅界隈の派川が一部暗渠になっている。 そのL字に曲がった暗渠の上にある某緑地は、 その日行ったけど、改装工事中のラーメン屋さんの近くにある。
こうしているうちに、ググってみると、
首都高速三ツ沢線下に現れる支流につながった。 昔からの謎がこれで解決した。(メデタシ、メデタシ)
また、この界隈の某地名は、 明治時代に新田を干拓した実業家の名前からついている。 前に体重約30kg の飼い犬とよく散歩に行った某公園は、 もともとその実業家の別荘だったが、 一部を公園に造成して、一般市民に開放したそうだ。 (その近くのバス停は、今もその呼び名である)
昔は運河だったのが信じられない横浜駅界隈だ。
写真は、某緑地の桜の様子。
右上の大きい花は、こぶし(田打ち桜)。
先週後半から寒かったので、まだ満開じゃない。









recollection

Image
祝日の木曜日、米大リーグ日本公式戦 第2試合目。
某選手が試合後に会見をするそうだ。

Thanks a lot !

Image
先月からの頂き物3種類。



“この製品には、スズメ蜂抽出エキスが8,000mg含まれております。” と、
スクリューキャップにある、スズメ蜂ウォーター
4月の駅伝で有効に使わせていただきます。



軽井沢ファーマーズギフトの製品で、
おかずピクルス さくら&だいこん(春限定)と ホワイトストロベリー
ららぽーと横浜 にお店があるそうです。 (実は一度も行ったことがない、ららぽーと横浜)


左側画像、買えなかった、黒雷 プリティスタイル 2種、
“ゴリっともうひと頑張り!!” の マジカタ
“やわっと、まったり!!” の マジやわ

右側画像、東京駅期間限定ショップで購入したという、
黒雷 東京土産 “こりゃ、おつな味だね!” 雷神風濃厚しょう油味
黒雷  “思いやりのイカツチ、受けてみよ!” 乳酸菌入り ギリシャヨーグルト
「ギリシャ」のギリを「義理」にかけている、
バレンタインデイ限定品。いやはや、、、

イカツチ って、何だと思ったら、古い大和言葉の『雷』だった。

皆さん、どうも有難うございます。
まだ、頂いてなくて申し訳ない。


Subscribe to llɐq ǝɥʇ uO



名残惜しゅうございます

日曜日、大桟橋から新横浜に向かった。
この日は相模原でマスターズ大会があり、
大会打ち上げは、送別会を兼ねる事になった。

というのは、去年5月に名古屋から単身赴任で横浜に来て、
6月からスポーツクラブに入り、
大会に出るようになった、S.Mさんが、
今年の2月下旬に名古屋に戻る事になった。

申し込み締切が今年1月下旬で、
3月10日の大会にエントリー済みだった。
2月15日までにスポーツクラブに退会届を出せば、
2月末までの会費で済んだのに、3月分を引落。
引越しは大会前日午前で、徹夜で荷造り。
夜は某ホテルに泊まったそうだ。

マスターズチームの参加者が減少していて、
新しいメンバーは貴重だった。
戻ったら、地元スポーツクラブの登録で大会参加になる。

秋にある横浜市民大会は登録なしで参加できるので、
それを提案したら、S.Mさんは快諾してくれた。
また、会えるのを楽しみにしてます。


BTW,


酔っぱらって帰って、何かに左足の小指をぶつけたのが痛む。
スクーターで、信号待ちになるせいか、
痛みが引かない、、、orz


船の安全を祈る色

Image
オブジェのような『錆びた船』を見てから、赤レンガパークから大桟橋に向かった。
デカい客船は、イギリス船籍の “ダイヤモンドプリンセス” だった。
いや~っ、反対側に停泊している、“にっぽん丸”(3代目)が小さい。


大さん橋を黄色に染めてクルーズ船を見送ろう という、
キャンペーンを2月からやっていて、 出向時に黄色いものを持って見送れば、 先着500人にハンドタオルか、ケミカルライトをくれるそうだ。
観光していた乗客が、大桟橋に次々戻ってくる中、 配布・出向時間までいられなかったので、残念。
あ、芯を抜いた『紙テープ』、乗客は投げないのか?

ある休日(80)

Image
日曜日、前から行ってみたかった所に行った。

Workout with Everyone.

火曜日、バーベルエクササイズがあるので、
間に合うギリギリで、急いで事務所を出た。
そういう時に制限速度で走っている車が前にいる。
更にスポーツクラブに着くと、駐車場の自転車間が狭い。
スクーターを一旦道路に停めて、
先に停めている自転車の隙間を広げた。
それから広げた隙間にスクーターを停めた。
受付に行って、予約券を受け取ると、
定員数の最後から2番目だった。

着替えてスタジオに行くと、
今度は場所取りで、ベンチ代わりのステップ台を
横にずらして置けば良いものを何故か前後に合わせるので、
ランジをするスペース分で余裕がなく、
デカいコーチ代行のNコーチの間近になった。
学生時代にビーチバレーをやっていたという、Nコーチ。
スタイル抜群、ボディコンシャス(sexually flattering clothing)で、
いつもより男性メンバーが多かった、、、

かなり近いのでベンチプレスの動きが見えず、
並列で後ろの男性の動きが目に入る。
ホッピングという動作の時、
みぞおち近くでバーを3回弾ませるはずが2回になる。
終わった後で、スポーツ新聞を読んでいる御大Mさんに
そこの回数を確かめると、やはり3回で、
「重さが重くて、動作が遅れてる」といった。
この人いつもヤル気満々なのだが、かなり呻き声を出す。
正直、あまり近くでやりたくない。
土曜日は、虎繋がりKコーチが代行。
始める前に世間話で贔屓チームがOP戦の成績が悪いけれど、
その方がシーズンは成績が良いからで、落ち着く。
エクササイズのパート合間の説明で、
筋肉を収縮させる(力を入れる)ところと、
筋肉を伸展させる(力を抜く)ところでの
動かす上で意識の兼ね合いが大事だといっている。
つまり、筋肉をコントロールできる適切な重さだ。
別に何も持たないで、
動きだけでも筋肉は覚えてくれる。

Remember muscles never lie.
(筋肉は裏切らない)

薫酒と醇酒

Image
一週間前の土曜日に飲んだお酒。右側から、

ザ・プレミアムモルツ〈香るエール〉
“香るも神泡” フルーティな、プレモル。
(キャッチコピーそのままじゃん!?)
去年、モンドセレクション 最高金賞 を受賞していた。
3月19日に 新型電動式“神泡”サーバー なるものが発売されるらしい。
ようつべ見たら、欲しくなった。

東光 純米頒部会 1月 純米吟醸 無濾過生原酒
アルコール分:18度、原料米:山形県産米、精米歩合:60%
株式会社小嶋総本店(山形県米沢市本町二丁目2-3)

“ドライで引き締まった質感の中に
しぼりたてのフレッシュ感と
無濾過生原酒のボリューム感をお楽しみください。”と、胴ラベルにある。
今時珍しい濃い感じ、フルーティなスメール。
20数年前に初めて飲んだ『十四代』を思い出したのは、
同じ山形県産だからか。九号酵母使用?

酔心 限定販売 急冷純米酒 一度火入れ
アルコール分:15度、原料米:広島県産米、精米歩合:65%
株式会社醉心山根本店(広島県三原市東町1-5-58)

“ 酔心の年に一度しか味わえない限定品です。”と、
朱赤の首かけPOPにあった。
一度火入れという、熱殺菌 ~ 急冷却は低温殺菌法で、
熟成酒より早く出すためで、
これも胴ラベルに以下の説明がある。
“ 広島県産米を全量使用して醸した純米新酒。
火入れ殺菌後、急冷処理をすることで、
新酒のフレッシュな風味を損なわず、
酒蔵での味わいを閉じ込めました。うんたら ”

予約分のみ商品化するという貴重なお酒だそうで、
お酒の『級別制度』と『特定名称制度』の違い。 無鑑査の美味しいお酒に似ている。
『級別制度』の『特級』は、平成元年に廃止。 『一級』及び『二級』は、平成4年に廃止になった。 その “平成” が、もうすぐ終わろうとしている。



Subscribe to llɐq ǝɥʇ uO



synthetic detachment

Image
3月初日の金曜日、スポーツクラブに行く。
駐車場にスクーターを停めた、
横の車のボンネットに『白い靴下』猫がいた。


暖かいのか?目が合っても動かない。
せっかくなので、写真を撮らせてもらった。


じっくりと顔が見れた。
ハチワレにブチだ。

また、会えるかな。白い靴下。